コンテンツ2:現役プロライターがこっそり教える仕事が10倍うまくいく3つの方法

ライターの樋口亜沙美です。

ブックライターとして活動していくということは
『自分自身が商品になる』
ということです。

会社員として働いている場合とは
違った働き方、考え方をする必要があります。

それが、セルフマネジメントです。

つまりは、
自分で自分の仕事や時間を管理して、価値をあげていく
ことが必要になります。

同じプロのブックライターであっても
このセルフマネジメントができるかどうか、で
仕事の単価も収入も、自由に使える時間の量も大きく変わってきます。

非常に大事ですので
ぜひ取り入れてみてくださいね。

会社員として働く場合とは
まったく違う意識をもつ必要があるので
こういった話をすると

「私にできるかな、、?」

と不安に思われる方もいらっしゃいます。

ですが、安心してください。

私の教え子さんの中には
色々なライフステージの方がいらっしゃり

まだお子さんが小さい方、高校生のお子さんで時間が取りやすい方
4人を育てながら深夜に仕事をしている方

など、様々な状況の中で、上手にマネジメントして
仕事をされています。

もちろん、明日からすぐに完璧にできる
ということはないと思います。

ですが、あくまでセルフマネジメントは技術なので
3ヶ月以内には、どんなに長くとも半年以内には
誰もができるようになります。

日々の心がけの積み重ねなので
仕事の一環として、やってみてほしいです。

]

今回も、クエストを用意しています。

提出してくださった方には
即実践で使うことができる取材用ヒアリングシート
プレゼントします。

これは実際に私が著者さんに取材する時に質問している項目を
まとめたもので、そのまますぐに使うことができます。

ぜひ、受け取っていただき
ブックライターの仕事に役立てて頂ければと思います。

ブックライターという仕事は本当に素晴らしいと思っていますので
今回の無料動画講座を見るだけでも、働き始められるだけの
情報をお伝えしたいと思っています。

それにいいな、と少しでも思われた方には
行動を起こしていただきたいので、クエストを用意しました。

順番に行って頂ければ
ブックライターとして活躍できるだけの
知識は手に入ります。

ぜひ順番に取り組んでください。

それでは、今回のプロジェクトへの参加方法を
お伝えします。

プロジェクトの参加方法 STEP1:

動画を見て、この動画ページの下にあるコメント欄に
次の3点を書き込んでください。

1、今回の動画を見ての感想
2、質問や疑問に思ったこと、聞いてみたいこと

プロジェクトの参加方法 STEP2:

コメントを書いたら、送信する前にそのコメントをコピペしてください。

送信する前にコピペをしていただいたら
「クエスト」の提出フォームから
コメントしていただいた名前とコメント内容をコピペして送信して下さい。

その際に申請していただいたメールに特典を送付させていただきますので、
メールアドレスは間違えないように十分注意して下さい。

あなたの熱意をコメントで私に聞かせて下さい。
熱いメッセージをくれた方にだけ、特典をプレゼントします。

お待ちしています。

すべて遠慮は無用です。

ペンネームでいいのだから恥ずかしがることもありません。

飾ったり、取り繕ったり、怖がることもありません。

あなたの素の気持ち、本音を裸になったつもりで打ち明けてください。

私も一字一句逃すことなく誠心誠意で読ませていただき、
返信させていただきます。

そして、より積極的な方に仲間として
ご参加いただきたいと思っております。

逆に、情熱の薄いと感じられる方には、返信も
プレゼントを差し上げることも、プロジェクトにご参加いただく事もありません。

ぜひ熱いコメントよろしくお願いします!

プロジェクトの参加方法 STEP3:

このあと毎日私からお送りするメールの全てに目を通し、
その中でご紹介する内容や、動画をしっかりと見てください。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございます。

DNAパブリッシング株式会社
代表取締役 伊藤 聡

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

クエスト内容

12 thoughts on “コンテンツ2:現役プロライターがこっそり教える仕事が10倍うまくいく3つの方法”

  1. 1
    笠井 賀瑞男 says:

    樋口さん、いつも丁寧な解説動画をありがとうございます。

    時間に価値を持たせる。
    ですよね。
    頭では理解していたつもりだったのですが
    かなり、なるほどなぁと府に落ちました。

    あとは、時間管理を実践で培っていくしかないと思いますので
    デビュー出来る日が待ち遠しいです(笑)。

    笠井 賀瑞男

    • 1.1
      伊藤聡 伊藤聡 says:

      笠井さん、コメントありがとうございます。

      時間管理って難しくて
      頭では分かってるけど、、の代表例ですよね

      仰る通り、実践で培うのが1番です。
      デビューされたら一気に進んでいきそうですね!

  2. 2
    yukino says:

    樋口様
    具体的でわかりやすい解説有難うございます。
    タイムマネジメントの大切さ、どのような方法があるのか、樋口さんは実際どのように管理されているのか、よくわかり大変参考になりました。
    確かに文章を書くときは、ながら・・・では絶対ダメで、私もよくまわりをシャットアウトして書くことがありますが、耳栓まで考えたことはなかったので(笑)
    さすがプロは違う、と思いました。

    • 2.1
      伊藤聡 伊藤聡 says:

      yukinoさん、コメントありがとうございます。

      なかなか耳栓をつけて、原稿を書く
      って発想にならないですよね。笑

      そういった些細なことのようで
      違うポイントが大きな結果を生み出す差別点に
      なってくるのだと思います。

      プロの技、ですね。

  3. 3
    小山田 景亮 says:

    樋口様

    お世話になります。
    小山田です。

    今回の3つの方法の重要性について、
    非常によく分かりました。

    動画を拝見したあと、仕事で原稿を執筆する際に
    タイマーを使ってみたのですが、
    とても仕事がやりやすくなりました。

    更に実践をしながら、
    自己管理をしていきたいと思います。

    とても参考になる動画を、
    有難うございました。

    • 3.1
      伊藤聡 伊藤聡 says:

      小山田さん、コメントありがとうございます。

      早速の実践、さすがですね。
      効果があったようで何よりです。

      ぜひぜひ、やってみて頂ければと思います。

  4. 4
    ぴっぴ says:

    1、今回の動画を見ての感想
    ・書く環境づくりが大切、ということや、
     具体的な工夫がわかり、参考になりました。
     ありがとうございました。

    2、質問や疑問に思ったこと、聞いてみたいこと
    ・集中状態のつくり方
     より早く集中するためのコツがあれば知りたいです。

    • 4.1
      伊藤聡 伊藤聡 says:

      ぴっぴさん、コメントありがとうございます。

      まさに環境づくりですね。
      どうすれば、自分にとってベストな環境を作ることができるのか
      それを追求した先にクオリティの高い原稿を書くヒントが詰まっていますね。

      そして、頂いたご質問ですが
      一つはルーティンですよね。

      イチロー選手が打席に入る時に
      いつも同じ動作をしているのは有名ですが
      同じように、原稿を書く時はこうするという一連の流れ

      書く場所、使うソフトやパソコン、聞く音楽など
      仕事をする時はこれ、というのを決めると
      集中しやすいですね。

      あと私の場合は、集中したい時は
      指の指紋など何か一点をじっと見ることで
      集中力を高めてから何かに取り掛かりますね。

  5. 5
    いくこ says:

    樋口様、
    自分をマネージメントするための工夫をいろいろとご指南いただき、ありがとうございます。
    1.「計画は1週間単位で」というのをお聞きして、ほっとしています。1日単位であまり綿密な計画を立てすぎると、予定外のことが入った時など、取り戻すのに苦労したりして家族にも迷惑をかけることにもなりますね。精神衛生上もゆとりが大事だと思います。
    2.自分がどのタスクにどれだけの時間を要するかを把握して、細切れの時間単位にこなしていく。私の不得意な分野です。一人での作業の場合にはエンジンが掛かるのが遅く、一旦掛かったらうまく一区切りが付けられません。タイマーやアロマなどを上手に使って、より短時間で集中できるようになる訓練をしようと思います。予定した時間内にタスクをこなせなかったときは、ケースバイケースで少し延長しても大丈夫でしょうか?時間内にこなせる力を身につけるために、厳格に守る必要がありますか?

  6. 6
    TM says:

    1、今回の動画を見ての感想
    最近、自分にとって集中できる時間帯や環境を強く意識するようになりました。少し前までは、いつ何時でも集中するべきだと思っていて、効率が悪かったと思います。
    スイッチが入ったら、どんなものにも邪魔されないよう仕込んでおくことが大切だということを、動画で改めて認識しました。ありがとうございました。

    2、質問や疑問に思ったこと、聞いてみたいこと
    今回は特にありません。

  7. 7
    マツオカ says:

    今回の動画も大変勉強になりました。ありがとうございました。
    様々なライフステージの方がいらっしゃることがわかり、少し不安が解消されました。
    今回も動画の内容をメモしましたので、時々見直すようにします。

    プロならではの技もお教えいただきまして、ありがとうございました。
    試したことがない方法が色々ありましたので、早速、今日から取り入れます。

  8. 8
    なのか says:

    自分を集中した状態にもっていくことの大切さを感じました。
    なんとなくライターになりたいなぁ、とあこがれていましたが、もっと自分を律していかないと!と気持ちを新たにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。